本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > 高尿酸血症の治療

痛風の原因!高尿酸血症の治療

治療は薬物療法と生活療法の二本立て


 激しい痛みを伴う痛風発作が治まったら、次は痛風の原因である高尿酸血症の治療にとりかかります。尿酸値を正常域まで下げる事は、痛風発作の再発を防ぐ事はもちろんのこと、腎障害や尿路結石などの合併症を回避することもできるのです。

 高尿酸血症の治療は薬物療法と生活療法が基本となります。どんなに薬で尿酸値を下げても、尿酸値を高くした生活習慣が改善しない限り同じ事を繰り返す事になります。

 また食事療法を中心とした生活療法は、高尿酸血症に併発しやすい肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防や改善に効果があるので、積極的に取り組む必要があります。痛風発作や痛風結節が見られる場合は、薬物療法が中心となります。

痛風を改善する食事の進め方


薬物療法の開始基準


 高尿酸血症とは尿酸値が7.0mg/dl以上のことをいい、この値を超えると治療が行われますが、痛風発作などの症状がない無症候性高尿酸血症の場合はその基準がゆるく、8.0mg/dl以上で薬物療法が行われます。

 さらに腎障害や尿路結石、高血圧、高脂血症、糖尿病などの合併症もない場合は、さらに基準はゆるくなり9.0mg/dl以上で薬物療法が行われます。

尿酸降下薬ってどんな薬?




関連記事
痛風治療はどのように進める?
尿酸降下薬の種類
尿が○○になると尿酸値が下がる
運動すると痛風発作になる!?
あなたのストレスが尿酸値を上げる
痛風治療がうまくいかない理由
尿酸の排泄経路
高尿酸血症の分類
尿酸値を高くする病気