本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > 痛風発作の起きやすい場所

痛風発作の起きやすい場所(部位)

 痛風の症状は全身のいたる所に現れるわけではなく、発生しやすい場所は限られています。痛風症状の起きやすい場所を知っておけば、痛風発作の前兆を発見しやすくなります。

目次


足の親指付け根が全体の7割を占める


 尿酸ナトリウムの結晶は体のどこにでも沈着しますが、特にたまりやすいのが親指の付け根の関節で、痛風発作も親指付け根の関節だけで全体の7割を占めており、発生頻度はダントツです

 そのほかに、かかとや足の甲、くるぶし、足首(足の関節)、ひざ、アキレス腱などの下肢にも多く発生し、膝から下だけで痛風発作全体の9割を占めています

 時には、ひじ、手首、指の関節に発症することもあります。一方で、股関節や肩関節などの大きくて深い関節では通常起こりません。


間違えると地獄!痛風発作時の対処法


痛風発作で現れる4兆候とは


 痛風発作の最大の特徴はなんといっても激痛ですが、それに加えて局所熱感(炎症部位が熱を持つ)、発赤(炎症部位がてかてかと光って赤くなる)、腫脹(腫れ上がる)といった症状も併せて現れます。

 これらは炎症の4兆候と呼ばれており、尿酸結晶によって激しい炎症が発生する痛風ではほとんどの場合で確認できます。痛風発作の好発部位が激しく痛み、幹部が赤く腫れて熱を帯び、てかてかと光っているようならほぼ間違いなく痛風発作と考えられます。

 ただし、炎症の原因が尿酸結晶によるものでなく、カルシウムや菌によって痛風発作と同じような炎症反応が現れる病気もあります。自己判断をせず、病院で痛風かどうかの検査を受けるようにしましょう。

尿酸結晶がたまりやすい部位には特徴がある


 尿酸結晶が関節に沈着し、そこに炎症が起こることで痛風の症状が現れますが、尿酸結晶がたまりやすい部位には以下のような特徴があります。

温度が低い部位
よく動かしたり、負担がかかりやすい部位
酸性度合いが高い部位
タンパク質の少ない部位

 このような条件に合致した部位にある関節には痛風の発作が起きやすく、足の関節がこれらの条件に合致します。


痛風結節や尿路結石が起きることも


 また、痛風が進行すると痛風発作以外にも痛風結節尿路結石などの症状が現れるようになります。

 痛風結節は尿酸結晶が関節組織などに沈着して肉芽腫組織を形成したコブのようなもので、耳たぶや足関節などに多く発生します。痛みはありませんが、関節変形などによって生活に使用をきたすこともあります。
痛風結節とは

 尿路結石は腎臓や尿路系に尿酸が沈着し、尿酸結晶が集まる事で結石となり、腎臓から尿管を経て膀胱に落ちていく過程で尿管の細いところで詰まるため、臓器を傷つけたりするものです。尿路結石は痛風患者に多く発生する合併症の1つです。
尿路結石とは



関連記事
つらすぎる!痛風の症状とは
痛風発作はどれくらい痛い?
痛風発作はこんな時に起きやすい
痛風発作を放置すると恐ろしい事に
間違えると地獄!痛風発作時の対処法
治療を怠るとできる痛風結節とは
痛風は食事で改善できる!
プリン体の摂取制限は本当に必要?
痛風患者の96%が合併症を起こす
痛風治療はどのように進める?