本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > 痛風発作の痛み

痛風発作はどれくらい痛い?

痛風発作は最強の痛み


 痛風発作はなんの前触れもなく、ある日突然に襲ってきます。寝る時までは何もなかったのに、寝ている間に経験したことのない激しい痛みに襲われるのです。

 痛風発作を経験した事のある人は、その痛みを十分にわかっている事と思います。

 幸いにもまだ痛風発作を経験したことがない方には、その痛みのすごさを知ってもらい、痛風予防に努めていただきたいと思います。痛風患者さんが証言する痛風の症状による痛みには、以下のような表現があります。

骨の中から何かでえぐり出されるような痛さ

足の指をペンチではさんで締め上げられるような痛さ

傷口にキリを差し込まれ、キリキリもみたてられるような痛さ

溶けた鉛を注ぎ込まれるような痛さ


間違えると地獄!痛風発作時の対処法


痛風発作は激痛・局所熱感・発赤・腫脹が特徴


 痛風発作の痛みにはさまざまな表現方法がありますが、痛みの中では最強で我慢のできないような痛さであることがよくわかります。初めての痛風発作は、片方の足の関節部に発生する単関節炎がもっとも一般的で、両方の足が同時に襲われたり、あちこちに多発する事はまずありません。

 足の親指の付け根がもっともよく発生し、全体の7割を占めています。

 痛風発作の最大の特徴は激痛ですが、それ以外にもその部分が熱を持ち(局所熱感)、てかてかと光って赤くなり(発赤)、腫れあがる(腫脹)という特徴があります。これらは炎症の4徴候といわれており、これら全部がそろっていて、なおかつ膿が出ていなければ、典型的な痛風発作といえます。

 ただし、なかにはこれらの徴候がすべてそろっていないものもあります。例えば痛みのほかの徴候が1つか2つしか見られないものもあるほか、炎症徴候が足のせまい部分に留まるものから、足の広い部分に広がるものまで、程度や範囲はさまざまといえます。

痛風発作を放置すると恐ろしい事に




関連記事
つらすぎる!痛風の症状とは
痛風発作はこんな時に起きやすい
痛風発作の起きやすい場所(部位)
痛風発作を放置すると恐ろしい事に
間違えると地獄!痛風発作時の対処法
治療を怠るとできる痛風結節とは
痛風は食事で改善できる!
プリン体の摂取制限は本当に必要?
痛風患者の96%が合併症を起こす
痛風治療はどのように進める?