本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > ストレスと尿酸値

ストレスでも尿酸値は上がる!?

ストレスは尿酸値上昇の原因


 現代社会において、仕事や人間関係などストレスは常に付きまとうものです。ストレスが血圧を上げることはよく知られていますが、実は尿酸値を上げる原因にもなっているのです。

 尿酸値とストレスの関係メカニズムはまだはっきりとは解明されていません。しかしストレスがかかっている人ほど、尿酸値が高値を示す傾向にあります。

 ストレスがかかると代謝が活発になって尿酸生成が増加する上、排泄が抑制されるのが原因ではないかという説もあります。しかもストレスを感じると尿酸値だけではなく、コレステロールも血圧も上昇し悪い事だらけです。


休日の充実度がストレス解消を左右する


 痛風の発症世代である40代以降の人は責任あるポジションである事が多く、仕事によるストレスを最も受けやすい状況にあります。ストレスを受けないようにすることは困難であるので、少なくともストレスをピークまでためないよう工夫する事が大切です。

 ストレスをためないためには、まずは自分の体調に素直になる事です。体調が悪いと思ったら躊躇せず休む事が大切です。責任感の強い人が多くどうしても無理しがちな傾向にありますが、それは命を削っているのと同じです。

 それでも休めない人は、せめて休みの日は仕事のことを忘れ気持ちをリフレッシュしましょう。ただゴロゴロすることは逆に疲れを感じてしまいます。普段仕事で使っていない部分を使う事で体は刺激を受け、リフレッシュできるのです。

 また精神的な疲れは、体を動かす事で発散する事が可能です。休みの日はむしろ積極的に体を動かしましょう。現代社会ではストレスコントロールの上手な人ほど生き方上手であり、健康の秘訣であるのかもしれません。

運動すると痛風発作になる!?




関連記事
痛風発作を放置すると恐ろしい事に
間違えると地獄!痛風発作時の対処法
治療を怠るとできる痛風結節とは
痛風治療はどのように進める?
痛風の原因!高尿酸血症の治療
尿酸降下薬の種類
尿が○○になると尿酸値が下がる
運動すると痛風発作になる!?
痛風治療がうまくいかない理由
尿酸の排泄経路