本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > 尿酸の排泄経路

尿酸は体のどこから排泄される?

尿酸の排泄は尿からが80%



 尿酸は人間が生命活動を続ける限り、絶えず作られているものです。そして人間は尿酸を体内で分解する事ができないので、これをそのままの形で主に尿とともに排泄します。

 腎臓から尿に排泄されるのが全体の8割で、残りの2割は消化管に排泄されたり、汗とともに排泄されたりします。

 健康な状態では尿酸の生成と排泄のバランスが取れており、尿酸が蓄積することはありません。しかし何らかの原因でそのバランスが崩れ、尿酸が過剰に体内にたまってしまう状態を高尿酸血症といいます。

 健康な成人では体内に約1200mgの尿酸が蓄積されており、これを尿酸プールと呼びます。通常尿酸は1日に700mg作られており、それと同じ量が排泄されています。

尿が○○になると尿酸値が下がる


尿酸の生成と排泄のバランスが崩れると…


 尿酸が過剰に作られたり排泄がうまくいかなくなると尿酸プールがあふれてしまい、1500mgを超えると血液中の尿酸値は正常値を超えるといわれています。正常な尿酸値は以下の通りです。

 ○ 成人男性:4.0〜6.5mg/dl
 ○ 成人女性:3.0〜5.0mg/dl


 この値は常に安定しているものではなく、食事内容や時間によっても変動します。しかし、尿酸は男女ともに37℃で7.0mg/dlまでしか溶けないので、尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と診断されます。

高尿酸血症はどのように分類される?




関連記事
3分でわかる痛風の原因
100人中○○人は痛風予備軍
痛風かどうかを調べる基準
血液検査で尿酸値と腎機能を調べる
尿検査で高尿酸血症を調べる
関節に激痛!痛風に似た病気とは
痛風患者の96%が合併症を起こす
プリン体とは?尿酸とは?
高尿酸血症の分類
尿酸値を高くする病気