本文へスキップ

痛風・高尿酸血症の原因・症状・治療・食事療法・薬物療法・プリン体・尿酸値を正しく知って、痛風を予防・改善しましょう!

> > > 高脂血症

痛風の合併症 高脂血症

痛風患者と高脂血症患者はそっくり


 高脂血症の患者さんには肉などの動物性タンパク質を好み、しかもお酒が大好きという方がたくさんいます。このタイプは痛風患者にもそのまま当てはまります。つまり、痛風と高脂血症は原因タイプが同じであり、痛風患者が高脂血症を合併するのは当然ともいえます。

 高脂血症とは血清中の総コレステロールが220mg/dl以上であるか、中性脂肪が150mg/dl以上となった状態をいいます。


痛風患者の50〜70%が高脂血症!?


 高脂血症になると血液中の過剰なコレステロールが血管壁にこびりつき、動脈硬化を引き起こしやすくなります。動脈硬化が進むと、虚血性心疾患や脳血管障害を起こします。

 痛風と高脂血症の関係は、その発症原因からもわかるようにとても密接です。実際、痛風患者の50〜70%に高脂血症が合併するといわれています。

 この場合、主にWHOの高脂血症分類によるW型、Ub型、Ua型なので、中性脂肪の増加が目立ち、総コレステロールはさほど高値を示さず、HDLコレステロールは低値を示します。




関連記事
肥満になるだけで尿酸値が上がる!?
恐ろしい合併症を予防する食事
尿酸値を下げるアルカリ性食品を摂ろう
水分をたくさん摂ると尿酸値が下がる?
痛風になってもお酒は飲んでいいってホント?
尿が○○になると尿酸値が下がる
運動すると痛風発作になる!?
あなたのストレスが尿酸値を上げる
痛風治療がうまくいかない理由
尿酸値を高くする病気